セクシャルブックマーク

幸せなセックスって何?どうやるの?調べ出したら止まらなくなったレス妻の目覚めの記録

たどり着いた日本最古の医学全書『医心方』

f:id:uppe-san:20210311175527j:plain
 

「人々はいつからジャンクセックスをしていたのか」ということに関心を持っていた私は、性に寛容な社会だったと言われる江戸の性事情について調べていく中で、予想を超えるお盛んぶりとそれによる暗黒面を知り

 

しかしながら、現代人の感覚では計り知れない、懐の深い社会であったことを知りました。

 

しかし、性行為そのものにフォーカスすると、屏風で空間を仕切るような当時の家屋事情や、暖房がなくて着物を着たままの性行為、男性を喜ばせつつ早く終わらせるための遊女の性技、線香1本で時間を計った格安な岡場所の「ちょんの間」などから考えると、いわゆるジャンクセックスだったといえると思います。
(ジャンクセックスとは、射精を目的とした一般的なセックスのことで、アダム徳永さんが使われている言葉 >>詳細

 

ではそれより以前の時代はどうだったのか、と考えていると、ある1冊の古い文献にたどりつきました。

 

  • 印象に残ったキーワードから
  • 医心方とは
  • 収録内容と時代背景
  • 房内篇について
    • 目次
続きを読む

「江戸は性に寛容な社会だった」の意味を考える

吉原夜桜ノ図 ストックホルムの博物館

"Träsnitt, Bildkonst, Woodcut, Woodblock, Print " owned by Östasiatiska museet - Europeana

 以下の4つの記事では

江戸のお盛んな性事情と、その暗黒面を

 

では、それにも関わらず、人々の陽気で幸福に満ちた様子を外国人の視点を通してご紹介してきました。

 

引き続き、『逝きし世の面影※1』をもとに当時の日本人の気質を考察しながら、「江戸は性に寛容な社会だった」の意味を改めて考えます。

  • 記事中に差別的な表現が出てくることがありますが、当時の社会的、文化的状況が反映された表現ですので、ご理解をお願いいたします。
  • 日本人の性
    • 混浴と裸
  • 生死観
  • 曖昧な境界線
  • 「江戸は性に寛容な社会」だったか
続きを読む

陽気で矛盾に充ちた昔の日本人 -『逝きし世の面影』

春画 ハシゴで曲芸をする半裸の遊女 アムステルダム国立美術館

"Serie van twaalf koban Shunga met prostituées in de rol van acrobatische brandweerlieden" owned by Rijksmuseum - Europeana

 

と、予想をはるかに超える江戸の性の開放性と、それによってもたらされる悲惨な状況をみてきました。

 

江戸の性事情を知るにつれ、当時の社会が内包する風紀の乱れや闇を垣間見たと思ったわけですが、ある本を読み、実際は、当時の人々が必ずしも節度がなかったわけでも、不幸に打ちひしがれていたわけでもない、と知ります。どういうことか、ご紹介していきます。

 

ここまでは江戸時代における江戸の話が中心でしたが、今回は時代も地域ももう少し広い範囲になります。

 

  • 記事中に差別的な表現が出てくることがありますが、当時の社会的、文化的状況が反映された表現ですので、ご理解をお願いいたします。
  • 逝き世の面影
  • 明るさ漂うダークサイド
  • 江戸時代の人々の素顔
    • 陽気で幸せに満ちた日本人
    • 礼儀正しく親切な日本人
    • 日常を幸福たらしめるもの
  • 欧米人からみた日本人の矛盾
    • 自由と身分
    • あけっぴろげ
続きを読む

奔放さゆえの暗黒面

春画 売春宿 アムステルダム国立美術館

"Taferelen in een bordeel " owned by Rijksmuseum - Europeana

 

の続きです。

 

江戸時代の性事情を語るうえで、当時は効果的で安全な避妊・性病予防方法がなく、それによる弊害を避けて通ることはできないと思います。今回は、性に奔放だったがゆえにもたらされた暗黒面について、まとめていきます。

 

今回の内容はこのブログで一番ディープなところと言えるでしょう。しかし、しっかり潜る必要がありました。闇を光に帰すために。

 

もし、途中でしんどくなられた場合は、感情を切り離し、俯瞰するように読んでみてください。

  • 本からの要約部分は、「〜だ」「〜である」調になっています。
  • 当時の文献は、大きく春本と戯作(人情本、洒落本、滑稽本など)に分け、ノンフィクションは書名だけで記しています。
  • 記事中に差別的な表現が出てくることがありますが、当時の社会的、文化的状況が反映された表現ですので、ご理解をお願いいたします。

 

  • 安全で効果的な避妊・性病予防方法がない
  • 素人
    • 妊娠した場合
    • 薬による堕胎
    • 粗雑な中絶手術
    • 厠に産み落とす
    • 身売り
  • 玄人
    • 妊娠した場合
    • 性病が蔓延
    • 悲惨な末路
  • 年季が明けた遊女のその後
    • 年季
    • 売春の世界から抜け出せない
  • 遊女の楽しみ
  • 家系図の中の女性たち
  • 江戸の性事情を知って思ったこと

 

続きを読む

江戸の人々はどんなセックスをしていたか:玄人編

春画 ハンブルク美術工芸博物館

Shunga owned by Museum für Kunst und Gewerbe Hamburg- Europeana

 

の続きです。

 

性を謳歌していた江戸の人々のリアルな実態とは。

前回の素人編に続き、今回は玄人編としてまとめました。

遊女たちがどのような環境で客と交わっていたのか、また遊女の性技や揚代についてみていきます。

  • 本からの要約部分は、「〜だ」「〜である」調になっています。
  • 当時の文献は、大きく春本と戯作(人情本、洒落本、滑稽本など)に分け、ノンフィクションは書名だけで記しています。
  • 記事中に差別的な表現が出てくることがありますが、当時の社会的、文化的状況が反映された表現ですので、ご理解をお願いいたします。

 

  • 遊女たちの床環境
    • 割床
    • 汗を流さず床入り
    • 岡場所の切見世
    • 夜鷹
  • 遊女は床上手、しかし感じてはいけない
    • 遊女の性技
    • 男たちの反応
    • 感じるのは恥
    • 遊女の本音
    • 遊女が真に惚れた男
  • 遊女の揚代と給金
続きを読む