セクシャルブックマーク

幸せなセックスって何?〜女として満たされていないことにある日突然気がついたレス妻の研究ノート〜

昔の人の性生活

何千年と変わらない男女の性(サガ)『医心方・房内篇』その3[有料]

「医心方・房内篇」にみる、スローセックスとの共通点と、現代人と変わらぬ男女の悩み。男女の分断は一体何千年続いているのか。意識が時空を行き来し始める。

もう一つのキーワード、還精補脳−『医心方・房内篇』その2[有料]

古代中国から伝わる性愛の書『医心方・房内篇』より、交接の道における男性の心得。キーワードは「還精補脳」。

古代中国から伝わる交接の道『医心方・房内篇』[有料]

古代中国から伝わる性愛の書『医心方・房内篇』に書かれている、交接の道とは。心の融合と丁寧な前戯、キスの重要性。

たどり着いた日本最古の医学全書『医心方』

現存する日本最古の医学全書『医心方』。その中の性愛の書である、第28巻「房内篇」にたどりつく。

「江戸は性に寛容な社会だった」の意味を考える [有料]

陽気で礼儀正しく親切だった昔の日本人が備えていた、性や裸に対する態度、そして生死観とは。これらを通して、改めて「江戸は性に寛容な社会だった」の意味を考える

陽気で矛盾に充ちた昔の日本人 -『逝きし世の面影』 [有料]

幕末から明治初期にかけて来日した欧米人の視点を通して描かれる、当時の日本人の素顔。江戸のダークサイドに明るさが漂い、これまで思い描いていた昔の日本人のイメージが次々と覆される。

奔放さゆえの暗黒面 [有料]

江戸時代は効果的で安全な避妊・性病予防方法がなかった。性に奔放だったがゆえにもたらされた暗黒面について、まとめています。

江戸の人々はどんなセックスをしていたか:玄人編 [有料]

性を謳歌していた江戸の人々リアルな性生活とは?遊女たちがどのような環境で客と交わっていたのか、また遊女の性技や揚代について。

江戸の人々はどんなセックスをしていたか:素人編 [有料]

性を謳歌していた江戸の人々リアルな性生活とは?素人編。

遊女だらけに夜這いし放題!?江戸は性に寛容な社会だった?

江戸時代の性事情を調べるうちに明らかになったことは…今回は遊女の種類や庶民のふるまい、社会通念などを紹介しながら、全体像をざっくりまとめました。

ずっと疑問だった昔の人の貞操観念

母の言葉で、昔の日本人女性は、結婚まで貞操を守ったと思い込んでいたけれど、本当のことを知り、呆然とする。