セクシャルブックマーク

幸せなセックスって何?〜女として満たされていないことにある日突然気がついたレス妻の研究ノート〜

「抑圧からの解放」のおわり、そして…

このブログが初めての方→ >>目次 | 有料記事の購入プラン

f:id:uppe-san:20210515161442j:plain

 

(一般公開に変更しました)

 

の続きです。

 

 

もう一つのやるべきこと

 
マリアさんのセッションを受けたのが2021年の1月のこと。
その後、集合意識のカルマ解消のために、
私にはもう一つやるべきことがあると感じ、
そちらに意識を切り替え取り組んできました。

 

それは、前年の11月から更新が止まっていたブログを再開し、
私がたどり着いた真理をちゃんと書き上げることでした。

 

スローセックスに関する記事を書き終えた後、
昔の人はどんなセックスをしていたのか、
調べたことを書けずに更新が止まっていたのです。(>>理由はこちらに

 

それを先日、やっと書き上げることができました。


目次の

のところがそうです。

 

ブログを始めてから1年以上が過ぎていました。

 

江戸の奔放な性によってもたらされた暗黒面 

 

何千年と続いて来た男女の分断 

 

男性自身も気づいていない男たちの根深い傷 

 

「当たり前」と感じている価値観の土台にあるもの 

 

ネガティブな感情で埋め尽くされていた私たちの内側… 

 

 

ただひたすらに、闇の部分をあぶり出しているような時間でした。

 

 

でも、その先に見つけた私たちの魂の意図… 

 

とても複雑に絡み合ったその仕掛けを
一つずつ解きほぐしていったような時間でもありました。

 


闇を光に返すために、
闇をちゃんと浮かび上がらせる必要が
あったのだと思います。

 

 

 

取り戻した自分の力

 

これらの記事を書くことで、
たくさんの気づきがあったのですが、

特に印象的だったのは、
私たちが無意識のうちに陥っている、
自分というの力の扱い方について。

 

私たちはいつのまにか、
「自分の力」を自分以外の何かに明け渡しています。

 

例えば

特別な能力を持った人、
素晴らしい教えを教えてくれる人、
先生、医師、親、パートナー、好きな人、
世間、宗教、占い、インフルエンサー
お金、権力、正義…

 

これらのものを、自分を信じる以上に信じてしまっています。

 

自分の力を明け渡すことで
自分の内側が空っぽになり
いつも不安で仕方なくなっている。

 

その結果、そのすき間を埋めるように、
様々な負の感情や、欲を招き入れ
苦しくなってしまっている。

 

そんな私たちの心の構造が浮かび上がってきたのです。

 

 

私の場合、それは母であり夫であり、
世間の価値観でした。 


ある時にそれに気がつき、
その支配から抜け出していたつもりだったけれど、
今度はアダムさんに力を預けてしまっていました。

 

私はアダムさんの著書やDVD、メルマガに感銘を受けるうち、
いつしか尊敬を越えて崇拝していたと思います。

 

 

アダムさんを慕い、尊敬する気持ちは、今でも変わりありません。

 

けれど、神は自分の外にいるのではなく、
私たち一人一人の内側にいます。

 

 

神社の社殿や拝殿につけられた鏡は、
実は、参拝する人の中にいる神を
映し出すものだと聞いたことがあります。

 

「カガミ」の真ん中の「ガ(我)」が消えると、
カミが現れるのだという。

 

 

女神のセッション以降の流れは、
自分の内側にある神を思い出す
プロセスでもあったように思います。

  

あれからずっと不思議だったんです。

なぜ「神に会いに行って神を拒絶した女」が
高次元でスタンディングオベーションだったのか。

 

でも、ブログを書いていくうちに気がつきました。
あれは、私の中のカミが現れた瞬間だったのだと。

 

アダムさんは鏡となって、
私の姿を映し出してくださったのだと思っています。

 

 

f:id:uppe-san:20210517212935j:plain

 

思い出した私の願い

 

それからもう一つ。

 

江戸時代の奔放な性による暗黒面は、
決して過去の話ではなく、
その後も受け継がれていると
気づいたときのこと。 

 

私は母の言葉に傷つけられたと思っていたけれど 
その不器用な表現の中に

性のことで女が傷つく連鎖を断ち切りたい、
私を守りたいという、母の気持ちを
はっきりと見つけることができたのです。


そして、母のその思いを受け、私は


性のことで傷つくのはもう私の代で終わらせたい

脈々と続いてきた女性達の傷を浄化し、

性のパワーを本来の姿に戻して次の世代に渡したい

 

と、内に刻んでいたことを思い出しました。

 

 

なぜこんなにも突き詰め続けるのか、
自分でも不思議に思うこともありましたが、
ブログやセッションの意味がやっとわかりました。

 

 

私は、本当の自分を取り戻したかったのだと。

 

 

同時に、人々の「浄化」と「統合」のサポートがしたかったのだと。

 

 

隠れているものをオープンにすることで「浄化」が起こり

自分から切り離したものを受け入れることで「統合」が起きる。

 

このことを、「性」という命のど真ん中から見つめ

自分自身で体感するとともに、

多くの人と分かち合いたかったのだと思います。

 

 

そして、先祖たちが
痛みを引き受けて築いてきたものの中から
次の世代に渡したい大切なタネを
深く潜ることで取り出していたのだと思います。

 

 

創造のスペース

 

今、集合意識のカルマが浄化された、まっさらな空間が
自分の内側に広がっているのを感じます。

そこは新しい創造を生みだしていけるスペース。取り出したタネをまき、育て、花を咲かせるスペースでもあります。


その場所をもうネガティブなものに占領されたくない。

今度は喜びや楽しみ、ワクワクで
いっぱいにしたいなと思っています。

 

 

このブログは、ずっと性的なものを遠ざけてきた私が

 

幸せなセックスって何?どうやるの?と

 

自分の中に浮かび上がる疑問に
一つずつ向き合い、導かれながら
目覚めていくプロセスを描いたものです。

 

その過程で、性を抑圧する様々なブロックにも
ひたすら向き合い、光を当ててきました。

 

私のブログを読まれた方は、きっとどの記事を読まれても、
何らかのブロック解放や浄化が起こり
内側にスペースが広がっていくのを
感じていただけるのではないかと思っています。

 

けれどもし、どこか違和感を感じることがあったら、
その感覚をどうぞ大切にされてください。

 

それはあなたの内なる声だからです。


これまで外に向けていた主張を内側に反転させ、
ご自身にとっての真実につながる力にしてください。

 

 

読まれた方が、ご自身の力を思い出し
尊厳を取り戻されていくことを願っています。

 

 

尊厳を取り戻した個人と個人が出会い
そこから生まれる新しい創造性は、
きっと、とても素晴らしいものになるだろうなぁ。

 

それがこれからのパートナーシップになっていくことでしょう。

 

お互いの学びのために、
痛みを引き受け合う次元は終わったのです。 ▶︎

 

 

 

f:id:uppe-san:20210517211601j:plain

 

「抑圧からの解放」のおわり、そして…

 

さて、このブログもこれで最後となります。

 

滝に打たれたように言葉が降り注がれてから1年。 

 

途方にくれるほどの膨大な情報量でしたが、
こうして無事書き終えることができ、ほっとしています。

 

さらに当初の予定になかった、
アダム徳永さんと神咲マリアさんのセッションという
素晴らしいギフトまで受け取ることができ、
今、充足感を味わっています。

 

 

 私の意識も大きく変わりました。

 

「抑圧からの解放」という次元は終わり、

「深遠なる性の探求」というステージへ。

 

 

これからは、自分の体を研究対象にしながら、
純粋に探求していけるんだ、とワクワクしています。

 

 。。。

 

ここまで読んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

。。。

 

 

第一部「抑圧からの解放」の終わり。

 

 

そして…

 

第二部「深遠なる性の探求」のはじまりです!

 

!!!

 

そうです、終わりではありません。
きっとここからが本当のスタート。

 

 

実は、もう新たなキーワードがやってきて、
次の探求を少しずつ始めています。

 

当面はインプット中心で、
アウトプットは少し先になると思いますが、
しばらくしたら更新を再開したいと思っています。

 

今後もお楽しみに♡

 

 

(2022/8/6追記 セッションの録音の文字起こしを掲載させていただきました)

 

第二部は、気楽な感じでnoteに書いていくことにしました♪

note.com