セクシャルブックマーク

幸せなセックスって何?〜女として満たされていないことにある日突然気がついたレス妻の研究ノート〜

「婚外公認」という選択 [有料]

このブログが初めての方→ >>目次 | 有料記事の購入プラン

「婚外公認」という選択

ネット上にたくさんある情報の中から、この記事に来てくださってありがとうございます。

 

私は夫と婚外を公認し合っています。

 

つまり、夫婦以外の人とセックスをしてもいい、お互いの性を所有しないことを認め合っています(夫婦間の取り決めはあります)。

 

私はもともと性に寛容だったわけではなく、「浮気なんて、するのもされるのもありえない」と思っていたような人間だったのですが、ある時、自分から夫に婚外公認を提案しました。

 

そのことは、これまで書いた記事の中でもところどころ登場するのですが、今回、改めて取り上げます。

 

 

何気なくツイートした「婚外公認」

以前、ツイッターで何気なくこんなことをつぶやいたことがあります。

 

 

 

いつもは多くて10ほどのいいねが、この時はたくさんがつきました。

 

その後、こんなアンケートをとってみたのですが

 

63票のうち、閲覧用を除くと婚外公認願望は77%あることがわかりました。

 

今や婚姻関係にあるカップルのセックスレス化が50%を超え、パートナー以外とのセックス(浮気)状況も、実はそれほど男女差がないという統計結果もあります。
統計情報はこちらの記事をご覧ください

 

レスり側の人、レスられ側の人、不倫中の人、離婚を思いつめている人…いろんな立場の方がきっといらっしゃるのでしょう。

 

みなさんの関心の高さをひしひしを感じるとともに、パートナーと向き合えるのがベストなのはわかっているけど、向き合ってもどうしても埋められない溝がある。そんな葛藤も伝わってきました。

 

私の体験談を書くことで、少しでも救われる人がいるのなら、記事にしたいと思いながらも、ずっと書くことができずにいました。

 

というのも、私たち夫婦は婚外公認という選択を選んだけれど、夫婦の関係性や置かれている状況は各々違いますし、望む結果も全く違います。

 

それぞれのご夫婦・恋人たちにとって、よりよい関係を見つけるためのヒントにしてほしいけれど、なんとなくマネをして、気がつくと望まない結果になっていた、ということになっても困るなと。

 

また、期待に応えようとすると本当に書きたいことから離れてしまう気がして、なんだかんだと1年近く書けずにいました。

 

けれど、やはり多くの人が関心を持ってくれるテーマだし、私が伝えたいことを伝えられる切り口にもなると思ったので、有料記事になりますが、書くことにしました。

 

 

自己紹介とブログに書いていること

ここで、自己紹介とこのブログの紹介を簡単にさせてください。

 

私は、「幸せなセックスって何?どうやるの? 」と探求しているレス妻です。もともと性的なことに強い興味があったわけではなく、むしろ母の影響で、長い間、罪悪感を抱いていました。

 

そんなある日、思い切ってセックスのことを調べたら、実は私は何もわかっていなかったことに気がついて愕然としたんです。

そこから、いろんな疑問や興味が次々と湧いてきて、セックスのこと、女性の体のこと、自分自身のこと、さらに古い時代の性愛と、一つ一つ向き合って突き詰めていくうち、セックスの捉え方が大きく変わり、様々な思い込みがひっくり返されていくという経験をしました。

 

調べてきた性の情報をベースに、女性の本音や私の気づきを織り交ぜながら体系的にまとめたのがこのブログの本編で、第一〜第八章で構成されています。

 

sexual-bookmark.hatenablog.com

全部で70記事ほどあり、約半数を無料公開し、
有料記事は、複数記事をまとめて読める一括購入形式をとらせていただいています。

 

また、ブログのはじまりの部分を再構成して、Kindle本も出版しました。

 

 

 

この記事に書いていること

 

多くの人たちは、日常の中で様々な悩みや困難を感じ、どうすれば解決するかという「問題解決」に関心を寄せ、「答え」をどこかに求めて生きていると思います。

 

かつて私もそうでした。

 

けれど今は、「問題解決」の人生ではなく、どうすれば望む現実を「創造」していけるか、ということにフォーカスしています。

 

先ほど、いろんな思い込みがひっくり返されていく経験をした、と書きましたが、それは問題解決の人生から、現実を創造していく人生へ、知らないうちに思考の土台が書き換わったようなプロセスだったと言えるかもしれません。

 

そして、「婚外公認」という選択はまさに、我慢か、離婚かの二択で悩んでいた状況から、それ以外の選択肢を「創造」した結果と言えます。

 

私は他にも、スローセックス提唱者のアダム徳永氏から、スローセックスのセッション2020年当時の「女神のセッション」)を受けることができたのですが、自分には到底無理だと思っていたことが叶ったのも、この「創造のチカラ」によるものだと思っています。

(なお私の体験は、決してふわふわしたようなものではなく、本当の自分に目覚めるための、強烈なイニシエーションのようなセッションでした。

 

 

創造のチカラって

では、創造のチカラってなんでしょう。

 

それは

自分の欲求に気付き、引き受けると決意し、そのために必要なことを具体的なレベルにまで落とし込んで行動すること

 

だと最近まで思っていました。

けれど、ある女性からブログの感想を送っていただき、拝見していくうち、そうではないと気づきました。

sexual-bookmark.hatenablog.com

 

自分の人生を変えていこう!と「頑張って取り組むもの」ではなく

 

気付きと、決意と、行動が同時に(または連動して)起こるような、「自ら発動するもの」が本来の創造のチカラなんだと。

 

それがどういうことなのかは、この方のレポートをぜひ読んでみてください。

ご主人とのセックスの向き合い方に根本的にズレを感じ、葛藤を抱えられていた女性が、短期間のうちに大きな変化を経験されたのです。

 

 

女性の眠っている能力

 

私は、今回書いたこの記事やブログの本編を、特に女性に読んでほしいと思っています。

 

多くの女性が、何かしらモヤモヤした感覚を持ちながら、日々を過ごしておられると思います。そういった感覚は、これまで、気分のムラや弱さとして片付けられたり、感傷的で要領を得ず、暴走しかねない厄介なもののように扱われてきたのではないでしょうか。

 

けれどそれは決して、弱さでも厄介なものでもなく、実は私たちの生き方を根本から見直すための、とても大切なセンサーなのです。その隠れた能力に気づき、目覚めさせて欲しいのです。

 

一般的に男性の方が性に関するテーマに強く興味を持ち、テクニック習得に熱心です。しかし、ほとんどの男性は、AVのようなセックス観にそもそも疑問を持つことができません。

 

一方多くの女性は、言葉にこそ出さないけれど、男性視点のセックス観に違和感を感じています。言葉に出さないというより、諦めている、もしくは感覚を麻痺させてしまい言語化できない、といった方がいいかもしれません。

 

けれど、その違和感を見逃さず受け止めていくことは、問題の根本に気づき、現状をダイナミックに動かしていくチカラになると、私は考えています。

 

 

そんな女性が表現できない違和感の根底にあるものや、伝えたいのに伝わらな過ぎて諦めてしまっていることを、私は既に6年ほどかけて探求し、さらに1年かけて言語化してきました。

 

ブログ本編を最初から順番に読み、追体験してもらうことで、先ほどご紹介した女性のように、これまで眠っていたご自身の資質が目覚めたり、何かが大きく変わるのを感じていただけるのではないかと思っています。

 

性とは一見関係のないことも書いていますが、読み終えた時、全てはつながっていたことを感じていただけることでしょう。

 

もちろん男性であっても、うまく表現できない葛藤を抱えられていたり、女性が持っている奥深い世界を見てみたいという方にも、ぜひ読んでいただきたいです。

 

 

 

記事の購入について

当ブログの有料記事は、複数の記事をまとめて読める一括購入形式をとらせていただいています。前半と後半に分けて、二つのプランをご用意しています。

 

  • (A)「これが知りたかった!セックスのほんとう」
  • (B)「もっと深く知りたい−近くて遠い、遠くて近い性のお話」

 

AVを土台にしたセックス観をリセットされたい場合は、前半部分である(A)のプランを。

それだけでなく

  • 選択肢を自分で作れるようになりたい
  • 自分の中の違和感を言語化したい
  • 行き詰まってる現状をなんとかしたい
  • 伝えたいことを相手に伝える勇気と理性が欲しい
  • 誰かや何かを批判したりジャッジしている時間を、もっとクリエイティブなことに使いたい
  • 現状を変えたい・変わりたいと思って新しいことにチャレンジしたり、環境や人間関係をリセットしたはずなのに、気がつけばまた同じトラックをぐるぐると回っているような感覚になる

といった方は、「問題解決」の思考から望む現実を「創造」するための思考へ、根本から書き換えていく必要があります。(A)(B)両方の購入をご検討ください。

全体の記事ボリュームや、どの記事がどのプランで読めるのかは「ブログ目次」から、プランの詳細は「有料記事の購入プラン」ご確認ください。

 

 

* * *

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、私が婚外公認という考え方に出会ったきっかけと、葛藤を経て、夫に提案するまでのプロセスについて書いていきますね。

 

なおこの記事は、婚外公認の「ノウハウ」を提供している記事ではないことをお断りしておきます。

 

私の体験談から、ご自身の中のパートナーシップを育て、目の前の相手とより良い関係を築くための、ヒントを見つけていただければと思います。

 

有料記事目次

  • 「婚外公認」という考えに出会う
  • それでも続く自問自答
  • 好きを通す=周りに迷惑をかける、という呪縛
  • 思考を反転させ、見極めていく
  • その後
  • 今、悩まれている方へ
  • 余談
  • バランスポイントを見つけるワーク
ここから先は有料記事です。一括プランの購入をご検討ください。 >>一括購読プラン詳細

 

 

記事の感想をいただきました!

一番興味深かったのは、最初から「婚外公認」という選択肢が見えていたのではなく、ワークをしてバランスポイントを探った末に見つけた、というところ。 目から鱗でした。

つまり、同じ問題でも人によってバランスポイントはそれぞれ違い、婚外公認にたどり着くとは限らないし、そうしなければいけない訳でもないんですね。

この記事は「婚外公認」というワードが強烈に人を引き付けるけど、本当の狙いは、想像を越えた選択肢を見つける、無から有を生み出す力が誰にでもある、と言いたかったのではないか、と思いました。

komorist 男性