セクシャルブックマーク

幸せなセックスって何?どうやるの?調べ出したら止まらなくなったレス妻の目覚めの記録

次の更新に向けて…

このブログが初めての方は>>目次をご覧ください

f:id:uppe-san:20210406180512j:plain

 

江戸の性事情古代中国の房中術と、数回にわたり、深く深く潜ってきましたので、次の記事を書くためにしばらく心身を整えることにします。

 

お待ちいただいている間、ブレイクタイム的な感じで、ある本の引用をご紹介いたします。

セクシャリティとは全く関係ありませんが、よろしければ読んでみてください。 

 

辻 麻里子氏の『太陽の国へ』(『6と7の架け橋』)という本からの一節です。

 

f:id:uppe-san:20210406180529j:plain 

 

f:id:uppe-san:20210406180538j:plain

 

柱が一本溶けることによって、周りの柱もが連鎖反応のように溶けはじめていた。

凍りついた記憶は光に変わり、残ったエッセンスは、惑星全体の宝として記憶の海へと流れ込む。

記憶とは広大な海のようなもので、水は記憶を運び、とうとうとながれていくのだろう。

さぁ、凍りついた記憶を溶かし、光へと昇華させよう。

今まで超えられなかったものが一つ解決すれば、それと同じパターンのものは、自動的に氷解するのだよ。

記憶フィールドとはそういうものだ。

あなたはこれから、個人的な記憶、過去世の記憶、そして人類の集合意識に眠る記憶を溶かすことになる。

 

辻 麻里子. 太陽の国へ: 22を超えてゆけ〈2〉. ナチュラルスピリット, 2006. p45

 

 

f:id:uppe-san:20210417072248j:plain

  

f:id:uppe-san:20210406180540j:plain

 

 

難しい言葉はどこにも使われていないのに

何故か覚えておくことができなくて

 

美しい余韻だけを残し

ほろほろと分解してどこかに落ちていくようでした。

 


忘れたくなくてメモをとり

ふとした時に読み返していたフレーズ。

 


その言葉たちが、再び思い出され

強くはっきりと私の頭の中で主張し

ここに書いてと、自ら指定してきました。

 

 


一本の冷たい柱が氷解すると、

同じパターンの柱が 次々と共鳴して光に変わっていく。

 

最初はたった一本の柱かもしれない。

けれどそれが連鎖のトリガーとなり、あちこちの柱が光を放ち始める。

 

私たちの意識の奥底にある氷の柱が、これから加速度的に溶け始めていくのだと思います。

 

 

次の更新までしばらくお待ちください。

 

 (更新しました)